ウィーン旅行 その6〜名物ザッハートルテ〜

ケルントナー通りをしばらく歩くと、信号手前の交差点付近にホテルザッハーがあり、1階がカフェになっています。
通りに面したクマのぬいぐるみがおいてある入り口はバーのような作り。その角を曲がった通りすぐは確かホテル内レストラン入り口、さらに進むとカフェの入り口があります。

多分どの店舗でもザッハートルテは食べる事ができるはずです。
私たちは奥のカフェに入る事にしました。
普段は混んでいるようですが、運が良い事に3組ほどしかお客がいなくて静かな雰囲気でした。
案内された席から外を見ると、隣りはオペラ座。感動です。

まず目的のザッハートルテとそれに合うと言われているカフェラテ(名前を忘れてしまいました)を頼みました。本場のザッハートルテはちょっと甘めでした。私的にはカフェラテよりもブラックコーヒー、特にエスプレッソくらいが合っているように思いました。

食事も出来るようなので、食事目的で立ち寄るのも良いと思います。

店を出て、信号を渡りオペラ座前へ。
オペラ座のお土産が売っているお店、アルカディアのディスプレイウィンドウを見ながら少し手前広場を歩きました。あたりはやっと暗くなってきましたが、街中は静かに穏やかな雰囲気。危険を感じるようなことは一切なく、とても居心地の良い雰囲気。

ここからU2路線のカールスプラッツ駅が近いのですが、夜のシュテファン大聖堂が見たいので、シュテファンプラッツ駅の方まで戻ることにします。

もうだいぶお店も閉まっていますが、遅くまでやっているお店も少なからずあります。
ちなみにスワロフスキーは夜21時までやっているので、ゆっくり買い物を楽しめますよ。

さて、夜のシュテファン大聖堂ですが、ものすごく神秘的です。
ライトアップがされていてとてもキレイでした。
確か22時くらいまでは入場出来たはずです。ぜひ立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。