ANKER PowerConfとZOOM会議

例に漏れずオンライン会議の波は我社にも来ました。
社内SEの私はそういった準備も担います。
今回は簡単な状況を作れば良かったので、ノートパソコンにスピーカーマイクロフォンを付ける方法にしました。

スピーカーマイクロフォンはAnker PowerConfを使用しました。
今回Bluetoothは使用せずに、PCとUSB-C-TypeAで直接繋ぎました。

こちらの機種はファームウエアの更新はスマホアプリからすることになるので、まずはBluetoothでスマホと接続し、Soundcoreというアプリを使って、ファームウエアを更新してください。

本体の質感はとても良いです。
なかなかオシャレで、触った感じも少し重さを感じて、手触りも良いです。

本体にはUSB-CとTypeA端子があります。
こちらTypeAの方はスマホ等へのバッテリー供給で使うものです。
本体自体が6700mAhのモバイルバッテリーとして機能します。

付属のUSBケーブルはUSB-C-TypeAなので、Anker PowerConf側にUSB-C、PC側はTypeAで接続しました。

設定方法は本当に簡単で、ただ接続するだけでWindows 10側で自動セットアップしてくれます。
あとはZOOMアプリ側でスピーカーやマイクのテストをして、聞き取りが出来ればそれでもうOKです。特別に難しい設定は必要ありませんでした。

使ってみた感想ですが、音声はクリアで非常に聞き取りしやすかったです。
Anker PowerConfを中央に置き、周囲に人がいる状態でそれぞれが発言しましたが、キチンとリモート側へは伝わっていて、1時間の会議中に聞こえづらくて聞き直すというようなことはありませんでした。

スピーカーの質としては、まぁ音楽用ではないので多分余計な帯域は切っているような感じです。ラジカセでラジオを聞く感じ、というところでしょうか。電話の会話よりは全然良いです。
手っ取り早くウェブ会議環境を作れて、本当に助かった商品でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください