いまさらAirPods Pro

去年の発売以来、AirPods Pro凄い」の声を尻目に、我関せずでハイレゾプレーヤーで外出時の音楽を楽しんでいました。
今回新型iPhone SEに機種変したら、なんか無性に気になってしまい、視聴した上で購入しました。

もういろんなレビューは、YouTubeやらブログ等で語られているのであまり書くこともないのですが、感想としては「AirPods Proすげぇ。。。」という安直な感想です。

ノイキャンやら外音取り込みとか、そういった部分での凄さはもう語り尽くされているので、巷での「音質だけが残念」というとこにだけ焦点にします。

れ音質悪いですか?

という感想です。一応私も20年以上DTMをやり、バンド活動もずーっとしていて、モニターヘッドホンやモニターイヤホン、ハイレゾプレーヤーなども持っています。
「ドラムで耳やられたんだろ」って言われると返す言葉もないですが、ドラム叩くときはイヤモニなので耳への負担は軽くしてるつもりです。
完全ワイヤレスとしてはAVIOT TE-D01dに続いて2代目です。

そんな私がAirPods Proを聴いて思った感想は「モニター型に近い鳴りをしている」ということでした。
基本的にはモニター型は味付けをせずに「そこで鳴っている」感が重要なため、一般的な人には「なにこの音、カスカス」とか「低音が足りん」とか「空間的な広がりがない」みたいな言い方で「音が悪い」という印象を持たれがちです。

一般的なレビュアーやYouTubeなどでは「○○は空間的に鳴っている」「〇〇は音場が広い」というような表現がありますが、モニター型で空間的に再生されてはミックス作業が出来ません。むしろ「そこで鳴っている」感が一番重要です。それはMDR-cd900stの構造で明らかですが、そもそもドライバと耳の距離が限りなく近くなるように設計されています。そして「低音が足りない」という意見についても、強引に低音成分を足しているものを良い音と感じている人が多すぎます。造る側としては結構低音はカットしてますからね。だからモニター型で嘘ローがいっぱい出るスピーカーやヘッドホンは使い物になりません。
AirPods Proはベースやバスドラの音色としてのローはしっかりと聞き取れます。故にただの低音ではなく「楽器としての低音」を聞くことが出来ます。

iPhoneにはさっとセッション出来るように、midi鍵盤をつなげて弾くための音源ソフトを入れています。それをモニターして弾くことを考えたら、変に空間的に鳴りをするイヤホンでは演奏が出来ません。とにかく音源そのものの音成分を素直に出してくれることが重要。そういう意味ではAirPods Proは音源の音色をそのまま出してくれます。むしろこれが驚きです。そんな完全ワイヤレスイヤホンなんて、絶対に無いと思ってましたから。

普段の聴き癖があるため、通常利用でもゼンハイザーHD25やソニーMDR-EX800STを使っています。
そんな私が感じた印象では、とてもよく楽器の音を鳴らしてくれると思っています。嫌味な味付けがなくフラットに楽しめます。
そういう意味ではAVIOT TE-D01dは嘘ローがいっぱい出ます。日本人が好むチューニングっていうのに納得です。

そしてこのモニター型に近い鳴りを助けているのがノイキャン。モニター型は出てくる音が素直な分、外音の影響を受けやすい。だからこそ、外でモニター型を楽しむのに必要な強力なノイキャンがあると考えると、「AirPods Pro凄い」しか出てきません。

音場(空間的)が広いから良いイヤホンではありません。低音がいっぱい出るから良いイヤホンでもありません。
それは設計思想によります。AirPods Proの場合は「楽器そのものの音を出す」事を目的としているように感じました。余韻が破綻せずに解像感はしっかり感じられます。とにかく余計なことをしません。

気になるようでしたら、リスニング用ヘッドホン(イヤホン)とモニターヘッドホン(イヤホン)を聴き比べて、その上でAirPods Proを試聴してみてください。

ただし、iPhoneとセットで使うことが前提だと思います。
iPhone以外のプレーヤー等の端末で使おうとは思いません。iPhoneとセットだから最高なんです。
AirPods ProはAACなので、本当によく聴き込めばAAC特有の感じはあります。
それこそハイレゾなどで聞きたい場合は、専用プレーヤーに有線ヘッドホンですから。

しかし、iPhoneとAirPods Proの組み合わせは、外出先での音楽を楽しめて、ノイキャンによる静寂を手に入れ、手軽な通話も可能。
さらに言えば、iPadやMac等複数のApple端末を持っていればなおさら。これほどシームレスに切り替えが出来るTWSは存在しないかと思います。

この組み合わせは最強です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください