nektar Panorama p6を買いました! その3

他に試したことと言えば、iPadの音源を使えるのか?というところ。下位機種のIMPACTは対応していますが、PANORAMAはどうでしょう? 結論としては使えませんでした。iPadからのUSB電源供給は無理としても、100mmフェーダー用電源はあくまでもフェーダー用なんですね。あとはUSBカメラアダプタを分岐して電源供給させてみるとどうなのか、というところですがそちらはまたの機会に。

PANORAMA P6

各パーツの具合など。
100mmフェーダーの動きは良いです。ただノブ部分はシルバー塗装でしょうか後々ハゲそう。40mmフェーダーの動きも良いですね。引っかかりもなく、スムーズに作業出来ます。

エンコーダーノブ全てが360度の無限回転ノブです。一般的なシンセなどは丁度一回転で止まるか、ある程度で止まるモノがおおいと思いますが、エンコーダカーブ機能を使うことで、限界のあるノブのような操作感にすることも出来ます。エンコーダーノブ自体は360度回転しますが。あくまで操作感です。

ピッチベンドとモジュレーションは他社と比べると少し重い仕様です。YAMAHAの感覚に慣れ親しんだ私としては倍以上の重さに感じます。ただそれがダメというわけではなく、YAMAHAなんかは思った以上に回転してしまって、「ちょっと軽すぎ」と思っていたので、今のところ丁度良い感じ。質感もマットゴムのような作りなので、滑りにくくなっています。
その付近にある白いボタンはカチっというクリック感のあるボタンですが、それ以外はゴムボタン的な作り。とは言え弱々しい安物っぽい感じではないです。まぁよくあるコントローラー的な作り。

PANORAMA P6

ドラムパッドはボタン式のような押し込み感のあるモノではなくて、Roland OCTAPAD等のデジタルパーカッションによくあるようなパッド感触です。ゴムを叩いてる感じ。スティックで叩いても良さそう。・・・とは言えマトが小さいのでボディ叩いてしまいそうなのでヤメて置きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください