PC用の電源 Corsair RM750x

久しぶりの更新です。

自宅PCのCPUとGPUを2〜3年ぶりに更新しました。
i7 8700KGefoce GTX-1080Ti FEです。
自分史上最速PCです!

もう動画エンコだろうがDTMだろうがどんとこい!

と意気込んでいましたが、600Wの電源が心もとないことに気が付き、心配でフル稼働出来ませんでした。
やはりこの構成でフル稼働させるならば、700W以上の電源が安心です。そこで色々と調べていたところ、Corsair RM750xが評判が良かった。正直1万超えの電源は今回始めて(もう25年近く自作PCやってるのに)だったので、もうそのクラスになるとよくわからない。

とにかく、今回の必須項目は700W以上、プラグイン、安定動作。
この電源で目についたところは、低いW数ではファンが回らない静音仕様。ケーブルにリップルノイズ対策コンデンサが入っている。10年保証

静音仕様なところはDTMerにとってはとても気になるところ。そしてノイズ対策。正直こんなところにコンデンサ入れたとこで、どれだけノイズ対策に効果あるん?とかなり眉唾ではあるんですが、あると嬉しいのが性ってもんでして。

これで、i7 8700KとGefoce GTX-1080Ti FEがフルで活かせるってものです!

この構成にしてから一番感動したのは動画編集でしょうか。
いやープレビューが速いのなんのって、もうそれだけで感動です。

DTMに関してはどうでしょう?
最近Cubase Pro9.5アップデートしましたが、うーんそこまでi7 6700Kから速度アップしたようには感じないです(;・∀・)
プラグインの読み込みもSSDの性能がものを言うのでしょうし。安定性はどうか!・・・落ちるときは落ちるっている前とあまり変わらず。まぁここはもっと別の要因なのかなぁ。

さて、全然電源のレビューになってませんが、とっても安定していますし保証も10年ととんでもなく長いので、安心して使っていけると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください