SSDの速度が頭打ち?

まぁ良く説明書を読まなかった自分も悪いのですが、SSDの速度が頭打ちだった原因がわかりました。

2台入れていまして、システムに530シリーズの240G、データ用に330シリーズの240Gです。
データ用の330はCrystalDiskMarkにて450Mb/s以上は出るのですが、530が360Mb/s程度で速度に頭打ちになります。
もちろんAHCIモードやSATA2とSATA3への刺し間違いなどは確認しました。

ここでずっと誤解していたのが、自分のマザーボードに4つあるSATA3コネクタのうち、2つがIntel H77、2つがASMedia ASM1061と2種類のチップだったことです。

そう、330は「Intel H77」コネクタに刺してあり、530は「ASMedia ASM1061」に刺してあったのです。ASMedia ASM1061に刺していたことにより、本来330よりも優秀なはずの530が360Mb/s程度で頭打ちになっていたのでした。

結構初歩的なミス。。。

改めてマザーボードの説明書をみていて、気がつきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください