Logicoolのゲーミングマウス

私は昔からほとんどマウスはLogicoolなのですが、現在も3デバイスで使っています。

G502WL 自宅用 デスクトップ
G403WL 仕事用 デスクトップ ※後継はG703
G304 DTM用 ノートパソコン

G304、G403WL、G502WL

すべてゲーミングワイヤレスマウスですね。

どれも形状も性能も違いますが、個人的にはLogicoolゲーミングマウスが一番手に馴染む感じがします。

今の所一番馴染むのはG502WLです。
私は親指と薬指小指を使った指3本持ちが多いので、手のひらとマウスの間は若干空間が欲しいのですが、その持ち方にもピッタリハマります。

若干丸みがあって手のひらの腹にもフィットするのがG403WL。こちらは被さり持ちになりがちです。現在は生産終了で、後継機種はG703になります。
ただ、質感がよくその持ち方でも嫌な感じはしません。しかし私の手があまり大きくないので上記の持ち方が出来ないため、G502WLに比べると素早い操作が出来ないのが難点です。
しかし手が大きい方や覆いかぶさり持ちをする方にはおすすめ出来そうです。

G304、G403WL、G502WL

G304は持ち運び前提なので、一番コンパクトです。
ですが、操作感は引けを取らずスムーズなので、スタジオやライブなどでPCを操作する際のストレスはほぼありません。

職場ではその他のメーカーのワイヤレスマウスも備品購入の際、試し買いしていくつか使った経験上、5000円以下のマウスで、G304を超えるワイヤレスには未だ出会えていません。

G304、G403WL、G502WL

特にワイヤレスマウスの場合、カーソル飛びが気になったり、ドット単位の細かいカーソル動作が出来ない機種が結構あり、安物を買うと後悔することになりがちです。
私はマウスでゲームをすることはないので、初めはゲーミングじゃないもので探していましたが、アプリケーションの様々な機能を効率よくこなすのにも、ゲーミングマウスはかなり適していると感じました。

G502WLに関しては価格が16000円〜18000円と、もう世間一般のマウスの標準価格を大幅に超えているので、「マウスにそんなに出せるか!」ってなりますが、実際に使ってみるととても快適で操作感も非常に優秀です。
特に仕事でアプリケーション作業でマウスを多用するような方は、安物で腱鞘炎になるくらいなら少しでも操作感の良いマウスに替えた方が、手首にも良いですし仕事上のパフォーマンスも上がると思います。

制御ソフトのG HUBを使うことでマウスに個別の設定をすることが出来ます。

マクロなども組めるので、用意されているショートカットコマンドだけでなく、カスタムして更に細かいことを登録することが出来ます、

私は仮想デスクトップの切り替えやタスクビュー表示を登録しています。アプリケーションごとにも登録出来るので、Cubaseや動画編集ソフト等で個別に設定しています。これが結構使い始めると便利です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください