OS X Server v3.0.x ~Mavericks~ 不具合の嵐

OS X server

Mac OS X Mavericksが公開されて日が経ちましたが、同じくしてOS X Server 3.0も公開されました。
普段仕事でOS X Serverを使用しているため、気になっていました。
現在はLion serverで運用していますが、アクセス権関連等で不具合があるので、そういう問題が解決出来ればと思い、おもいきってOS X Server v3.0にしてみました。

しかしコレが大失敗。
ファイル共有が全く安定しません。

接続環境は、Lion serverとして購入したサーバーMacにファイヤーワイヤー接続のHDDと内蔵HDD内に共有フォルダを作成。
サーバーソフトにてアクセス権設定。

サーバーへのアクセスはWinが9割、Mac1割
基本はファイルサーバーとして使用。

Lion serverであった不具合はそれなりに直っていて、ちょっと喜んでいたのですが、それをも上回る不具合の連発で現在はLion serverに戻しています。そしてコレまでの不具合がかわいいくらいLion serverの安定性を実感しています。

始めは上書きアップグレードインストール。
時間が出来たので、別の内蔵HDDに新規インストール。その時はOS X Server v3.0.1
このどちらで同じ症状がでました。

ファイル共有はイントラ内でWin、Macどちらからのアクセスも接続が不安定になり、それから1〜2時間で繋がらなくなります。
サーバーを見るとファイル共有がエラーで停止になっています。

マシンを再起動するとまた接続できるようになりますが、今までのテスト結果で起動時間の最長は「1日と17時間」でした。

これは運用上かなり致命的なので、OS X Server v3.0.xは全く使うに値しないと判断しました。

そしてもう一つの不具合。
フォルダ名が2バイト文字二文字の場合、フォルダにアクセス出来なくなる。というもの。
確認しているのは、winからのアクセスです。

例えば「鈴木」などの名前のフォルダがあったとします。するとアクセス出来ません。
サーバー側で「鈴 木」と間に半角を入れるか「3文字以上」にするとアクセス出来るようになります。

上書きインストールのときは直しきれないほど発生しました。
新規インストールでもこの問題は起きました。

このように、2つも致命的な不具合がある今回のOS X Server v3.0.1

他では同じ症状の報告は見ませんが、appストアのレビューを見る限りやはりあまり安定していないようです。

始めからプリインストールされているMac Serverなら問題は出ないのかもしれませんが、既存のMacやserver macに上書き、新規インストールすることはおすすめ出来ません。
別のHDDに新規インストールであっても不具合が発生するので、今のサーバーでそれなりに安定しているならば、そのままの運用をおすすめします。

 

所詮2,000円で買える安物サーバーでした。
Lionもそうですが、これ以降のMac Serverの品質は明らかに悪い気がします。
10.6 Snow Leopardあたりまでが一番安定していたように思います。

数万円出しても構わないので、キチンと安心して使えるサーバーを供給してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください