Sony α7Cの動画撮影スタイル

広告
スポンサーリンク

基本的にはスチルよりも動画撮影がメインなので、ジンバルとPCMレコーダーをマウントして撮影を行っています。
最近は音楽活動もままならないので、PCMレコーダーの出番もだいぶ減っていますし、そこはブログの名前上、音にはこだわらないといけないなぁと思い、使う機会の少なかったMSステレオマイクを使って外部収録をして、音声は編集で合成することが前提です。カメラ本体とステレオミニケーブルでつなげているのは、後で映像と合わせるためのサウンドマーカーを本体動画音声に記録するためのものです。サウンドマーカーを入れて収録しておけば、後で音声と映像を合わせやすくなります。

使っている機材は以下です

メインカメラSony a7C ILCE-7CL
ジンバルZhiyun Crane M2
ジンバルプレートSmallRig ZHIYUN Crane M2ジンバル専用一体型アルカ規格底プレート
PCMレコーダーZOOM H5
レコーダーマイクZOOM MSH-6
ウィンドスクリーンWSU-1
ストラップPeakDesign SLL-AS-3
ブラケットUSKEYVISION UVCS-E1
ショックマウントBOYA BY-C10
NDフィルターK&F CONCEPT NANO-X PRO Variable ND8-128 49mm
ステップアップリングMARUMI 40.5mm-49mm

機材の細かい紹介は別記事に書く予定です。


ソニーストア

ノイズ対策としてカメラ本体の三角ストラップリングは外しています。
代わりに本体をスチル撮影用にジンバルから外す場合用に、マウントプレート部分にアンカーを着けています。

これでもかなりコンパクトに仕上げたつもりですが、さらなる機動性を考えて、場合によってはPCMレコーダーをもっと軽いH1nとかH2nとかも試してみる予定です。
外部マイクも考えてはいるのですが、ステレオ収録でそれなりの録音品質となると、意外と大きくて値段も張るんですよね。それが悩みです。

広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください