Zhiyun Crane M2にストラップを!

広告
スポンサーリンク

メイン撮影にα7c ILCE-7CLを使うようになり、動画撮影はだいぶ画質が上がりましたが、やはりカメラも軽いとは言えジンバルで撮影し続けるにはなかなか腕がしんどいです。

プロの撮影を見ていると、ジンバルにストラップ着けてるのを見かけるので自分も真似してましたした。

PeakDesignを選択

以前からPeakDesignのものは数種使っていたので、信頼性と使いやすさとデザインでピークデザインのスライドライトを選びました。

以前のものは付属プレートがアルカスイス互換でしたが、新しいものは小さなアルミプレートに変更されています。
巷ではこれが不評を買ったりもしているようですが、ジンバル用途目的の私としては、実はこれが一番良かった点です。
ジンバルにプレートを取り付けても丁度よい大きさです。

ソニーストア

撮影スタイルを選べる

ジンバル本体にもストラップホールがあるので、PeakDesignアンカーをそちらにも着けて、首掛け、肩がけ両方で撮影出来るようにしました。

このスタイルはとても撮影の負担が減ります。

広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください