AQUADROPの施行

広告
スポンサーリンク

ヴェゼルに硬化系ガラスコーティングAQUADROPを施行しました。
2回やるつもりだったのですが、時間がなく一度目の施行後、しばらくして時間が出来たので2回目を施行しようと思ったら、恐れていたイオンデポジットが。
これが出来る前に2回目の施行、そしてケイ素系のコーティングをして、イオンデポジットに備えようと思っていたのに。

そこで急遽AQUADROPのシリカスケール除去材も購入。
これを買うのは初めてなので、どの程度効果があるのか、お風呂の鏡についたシリカスケールを除去してみました。

remover

写真は撮っていませんが、少量の使用でかなり落とせました。
クルマに出来たものはお風呂の鏡に比べれば軽いものなので、十分な効果で期待出来ると思います。

その後の拭き取りと水洗いをしっかりしないと、塗装にダメージを与えますので注意しないといけませんが、コンパウンドで磨くことを考えたらこちらのほうが断然早いし、施行したコーティングも剥がしませんし、キチンと使用すれば傷も付けません。

それにしてもイオンデポジットは厄介ですね。
どんなコーティングしても必ず出来てしまいますから。
硬化系に比べたらブリスなどのほうが出来にくいようなので(前のクルマはブリス施行のみで、ほとんど気にならなかった。)、2回目のAQUADROPコーティングをしたら、早めにブリスも施行したいと思います。

広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください