YAMAHA PR7を使ってみた

広告
スポンサーリンク

YAMAHA PR7

ハンディPCMレコーダーは2台持ってまして、そのうちの一台がこちら。

外部カメラマイクとしての使い方をメインに「軽くて高音質」な機種を探していたところ、今年の5月に発売されたPR7がドンピシャだったので購入。

同じ用途ではZOOM H1やヤマハの前モデルなどもありますが、軽量という部分は良かったのですが、音質が気に入りませんでした。両2台は音が籠もっているというか、一枚膜が張ってるような感じで、クリア感に欠けていました。

ちょうど藤本健のDigital Audio Laboratoryで新商品レビューをおこなっていたので、これを参考に自分でも色々とテストして「これだ!」と思って購入しました。

主にHackファームを入れたLUMIX GH2の外部マイクとして使用しています。

ZOOM H2、H4、Q3、Q3HDと歴代使ってきて、現在メインで使っている一番気に入っているマイク性能のDR-2dと比べても、遜色ないマイク性能だと思っています。

ただ、操作方法などがかなり特殊なので慣れが必要なのが残念。慣れてしまえばなんてことはないですが、文字表示は一昔前みたいです。

あとは外部マイクとして使うには気をつけないといけないのが、Phone出力です。H1などは外部マイク利用を想定しているので、初めからモニター音が出力される仕様で、DR-2dも常にモニター音をPhone出力するかどうかの設定があります。

ところがPR7はモニター音を出すには、録音状態にしないとPhone出力されません。これで何度か電源は入れたけど録音ボタンを押すのを忘れて、GH2に音声が録音されなかったという悲劇に見舞われました(苦笑)

できれば、常にPhone出力からモニター音が出力されるか、させるような設定があればなぁと思います。

 

広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください