Adobe Premiere ProとMagix VEGAS Proはどちらが使いやすいのか?

広告
スポンサーリンク

動画編集ソフトの選び方とは

動画編集をしたいと思っても、数あるソフトのうちどれを選べばいいのか分からないという方は多いかと思います。
YouTube編集で一番人気はなんと言っても Adobe Premiere Proでしょう。
入手しやすく、ユーザーも多く情報が得られやすく、初心者からプロユーザーまで幅広く支持されており、今年公開したシン・エヴァンゲリオンの編集作業もAdobe Premiere Proで行われました。

しかしAdobe Premiere Proは月額料金プランか年額料金プランのサブスクリプションしかありませんので、初心者や単なる趣味の方にとってはかなりハードルが高いと思います。
そこで選択肢となるのが買い切りの動画編集ソフトです。

VEGAS Proという選択肢

買い切りの動画編集ソフトでもピンきりでありますが、私がおすすめするのはMAGIX VEGAS Proです。
日本ではソースネクストが代理店になっており、プロ向け機能満載のソフトとしては1万円台というありえない価格で定期的にセールを行っていますが、MAGIX名義の海外販売では5万近くするれっきとしたプロ向けです。
ソースネクストが定期的にバラマキセールをしているので、国内ユーザーは多いはずですが、あまり情報が多くないのが難点ではありますが、私も含めて多少レクチャー動画など出している方もいるので、参考になる情報は探せば見つかります。
ちなみに海外ではメジャーな人気があり、海外の情報は結構みつかります。

VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで

何が出来るのか、何が違うのか

基本的にはAdobe Premiere ProMAGIX VEGAS Proも、動画編集としては出来ることはほぼ変わりないと思います。操作方法に違いはあれど、YouTubeなどでみられる作品レベルのものはほとんど実現可能です。
※ビジュアルエフェクトなどAfter EfectやVEGAS Efectとなど、別途専用ソフトが必要な場合もあります。

操作を比較してみる

そこで基本的な機能に絞って、操作方法を比較してみました。

お互い出来ることや、共通するようなものはまだまだありますが、編集上とても多く使う機能に絞って、それぞれを比較してみました。

個人的にはどちらのソフトも非常に使いやすく、覚えてしまえばどちらにも応用が効くように思います。ただしこちらの方が使いやすい機能ががある、とかあちらの方がいい、といったソフトによる思想の違いなどは確かにあります。私としてはフェードイン・フェードアウトなどはVEGAS Proが圧倒的に使いやすく、文字入力文字起こしはAdobe Premiere Proに軍配が上がります。

あとはトランジションなどの画面切り替え等のフェクトはVEGAS Proは若干アマチュアっぽいダサさが気になります。そういう効果もAdobe Premiere Proの方が個人的には好みです。

まぁこのあたりはエフェクトプラグインなどで補完出来るので、両者一長一短かと思います。

しかしAdobe Premiere Proには前回の記事で書いた通り、ソニー製カメラユーザーには痛い弱点があります。

SONYカメラのHLG HDRはAdobe Premier Proでは注意が必要

価格が高いことも含めて、仕事として必要な場合以外では、導入には躊躇するところでしょう。
ちなみに私は仕事で必要なためにAdobe CCで年間契約しています。

ソニーストア

まとめ

基本的に操作方法そのものは、使う時間と慣れによるものが大きいです。慣れてしまうとどれでも馴染んできます。
ただ、複数のソフトを使用してみると、アプローチの仕方が異なり効果を得るための操作方法が、あるソフトよりも簡単であったりなど、気がつくことも多くなります。もっとアマチュアレベルの動画編集ソフトもありますし、DaVinci Resolveなどのプロ向けもまだまだ他にもあります。
仕事や趣味だけど拘りたい、将来的に仕事に役に立てたいということなら、最初からプロ向けソフトを使うことをおすすめします。

広告
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください